経口補水液を作る………

3 8月, 2014 (07:30) | 日常 | By: tr7743

………多分再録。

夏に向けて経口補水液を自作することにしました。
wikipediaによると………

全部: 200-310 mmol/l
ブドウ糖:ナトリウムと同量以上、ただし111 mmol/lを超えてはならない。
ナトリウム:60-90 mEq/l
カリウム:15-25 mEq/l
クエン酸:8-12 mmol/l
塩素:50-80 mEq/l

水1リットルに対して
ブドウ糖(分子量180.16)を111mmol入れると20g(111.012mmol)。
クエン酸(分子量192.125)を12mmol入れると2.3g(11.9714mmol)。
カリウム20mEqでナトリウム60mEqにすると元が塩化ナトリウム(分子量58.44277)と塩化カリウム(分子量74.551)なのでトータルで塩素が80mEqで上限と考え、かつカリウム源に塩化ナトリウムと塩化カリウムが重量比で1:1の減塩しおの類を使うと、約3.0g入れるとカリウムが20mEq、そこからのナトリウムが25.666mEqで残りのナトリウム分34.334mEqに必要な塩化ナトリウムは約2.0g。計算終了
………以前のレシピとちょっと数字違うな。
ということで、2014年版レシピ1はこんな感じ………こりゃちょっと濃いな

レシピ1(Na:46.95mEq/K:20.12mEq)
水1Lに塩2.0g、減塩しお3.0g、クエン酸2.3g、ブドウ糖20g
水500ml塩1.0g、減塩しお1.5g、クエン酸1.1g、ブドウ糖10g

完全な脱水症状ならともかく、これだとナトリウム・カリウム多いかなぁ?

ということでOS-1のサイトを見るとこうなってます

Na+ 50mEq/L
K+ 20mEq/L
Cl- 50mEq/L
ブドウ糖 1.8%

一方、味の素のアクアソリタだと

Na+ 35mEq/L
Ca2+ 5mEq/L
Cl- 33mEq/L
K+ 20mEq/L
Mg2+ 3mEq/L

塩化物が少ないのはOS-1のNa源として乳酸Naやリン酸Na、グルタミン酸Naが入っているからなんですよねぇ。

じゃあ、Naを40mEqにしたレシピにしてみましょうか。

レシピ2(Na:39.87mEq/K:20.12mEq)
水1Lに塩0.83g、減塩しお3.0g、クエン酸2.3g、ブドウ糖20g
水500ml塩0.41g、減塩しお1.5g、クエン酸1.1g、ブドウ糖10g

計量面倒そう………

レシピ3(Na:35.93mEq/K:14.75mEq)
水1Lに塩1.0g、減塩しお2.2g、クエン酸2.3g、ブドウ糖20g
水500ml塩0.5g、減塩しお1.1g、クエン酸1.1g、ブドウ糖10g

p.s.試してみたところ、塩気は薄くなったけど、ちょっと酸っぱいのでクエン酸減らした方がベターかな?

Write a comment